歯槽膿漏と戦う体が導き出した答えとは

耳鳴り・耳の閉塞感・聴覚過敏を専門に対応している大阪の整体院

院長の気づきBlog



 歯槽膿漏と戦う体が導き出した答えとは

耳鳴り治療 耳鳴りの原因と治療

山下です。

知り合いの話ですが、

こどもの歯医者通いのついでに

自分も見てもらったときのことです。


歯医者さんいわく、、

「よくぞこのタイミングで受診してくださいました」

歯槽膿漏との分岐点だったらしいです。



中高年になると虫歯になりにくくなるんですって。
知ってました?


そのかわり、歯槽膿漏です。



その菌は空気がキライなので、

空気にさらされないように奥へ奥へ、もぐりこもうとする。

歯茎のスキマにもぐり、奥へ、と。。


ほっとくと目の下あたりまで

膿がもぐりこんできたりするんだそうですよ(恐


目の下を切開して
膿を取り出したこともあるんだっておっしゃってました。



そこで別視点からこんな考察を。


そうやって菌が侵攻してきて目や脳に近づいてきますよね。

ヤバイヤバイ。

「そうだ、歯槽膿漏の菌は空気がキライだ!」


歯槽膿漏で歯がぐらぐらしたら、
スキマが広がってる、ということで。

歯槽膿漏で歯が抜け落ちたら、、、


歯茎にもぐりこんだ菌は空気に触れちゃうんですよ。
苦手な空気に。


歯と歯茎のスキマに入り込んでいたのに、
その歯がなくなっちゃったら
菌はむき出し状態で空気にふれちゃいます。


体は、「そういうこと」をちゃんとするんですね。

ビックリでしょ。


歯が抜け落ちるなんて、

見た目の状態は凄く悲惨な状態に思えますが、

抜け落ちるにも意味を持って抜け落ちている。



ここでも本や新聞で得たことを元ネタに
いろいろと書いてきましたが、

実は自分の体に起きてるちょっとしたことに目を向けるだけで、
いーーーーっぱい気づきが得られるんですね。


いやな歯槽膿漏。気をつけようと思いつつ、、、

またまた体を見直してしまう今日この頃です。



 耳鳴り専門の治療をご希望の方はこちら

 自宅で耳鳴り克服を目指すならコチラ

耳鳴り専門療法が受けられる
完全予約制


上記は予約受付の専用番号です。
ご相談お問合せはメールでお願いします
Eメール→ seitai@k3.dion.ne.jp

電話受付可能時間
午前10時〜午後6時まで
(日祝定休)



アステル心身調律院
代表者:山下 剛
大阪市淀川区十三東1-18-28-201


大きな地図で見る

コンテンツメニュー
 トップページ
 耳鳴りの原因と治療
 院長って、どんな人?
 料金・アクセス(地図)
 よくある質問(Q&A)
 ご相談・お問い合わせ
 ※お気軽にメールをご利用下さい。

気づきのプログ

 

HOME耳鳴りの原因と治療院長って、どんな人?料金・アクセス(地図)よくある質問(Q&A)院長ブログご相談・お問い合わせ
Copyright© 2018. All rights reserved.耳鳴り専門治療