本文へスキップ

特効薬

完全予約制06-6101-3955

大阪市淀川区十三東1-18-28-2F



耳鳴り・耳の閉塞感・聴覚過敏を専門大阪の整体院


 特効薬

耳鳴り治療 耳鳴りの原因と治療

山下です。

ふと思ったことがあるんです。


「病気に特効薬はあるんだろうか」と。



特効薬があるものも、そりゃぁあるんでしょうけれど、

病気を治す薬であるからには

原因を突き止めて除去しなければなりません。



それができるものが、すなわち特効薬となりえます。



ですが、身近な風邪をとってみても特効薬はありません。

あったかくして安静にして、よく寝ることが近道だったりします。



さて、

風邪は風邪のウイルスが体内で繁殖したりすることが原因です。

・・・・と考えると、そのウイルスを殺すことが大事です。


つまり、風邪の原因をウイルスとすれば、

それをやっつける薬が特効薬です。


でもここで視点を変えると・・・



「なぜ風邪になるか」というと、

体力がおちて免疫が低下したときです。


そう考えると、風邪の原因はウイルスではなく、

本人の免疫活性度ということも言えそうです
(エボラ出血熱のような極端な伝染病はおいといてくださいね。苦笑)


となると。風邪の特効薬はありえない。

ありゃま(笑



胃潰瘍の原因はピロリ菌である。
という説がここ数年来でてきましたね。


では、ピロリ菌をやっつける薬が特効薬になる。


でも、ピロリ菌が活性化する下地は?と考えると、


ストレスや生活習慣だったりすると思うのです。


それによって自律神経が混乱し、免疫も胃液の分泌も調子が狂う。



では、胃潰瘍の原因は??


ここでも胃潰瘍の特効薬はありえるのか、

という疑問がでてきそうです。


「病気→どの薬が効くのか?」 という発想にもたれていては、

「薬が効かない」とガッカリすることになるかもしれませんね。



 耳鳴り専門の治療をご希望の方はこちら

 自宅で耳鳴り克服を目指すならコチラ




耳鳴りやすらぐ改善講座
耳鳴りの原因
頭鳴り・脳鳴り
耳鳴りの薬の付き合い方
うつ病と耳鳴り
ステロイド治療の罠
突発性難聴
耳鳴り症状と音の種類
耳鳴り治療・治療法



【日本が元気です】

「日本が元気です」に掲載。取材に女優の大場久美子さんがご来院。

【主婦の友社】発行の「健康」


【マキノ出版】発行「安心」付録


【主婦の友社】別冊特集


月刊武州路/新潟バイタリティー

「味の手帳」「日々新聞」「すこやか」「夕刊フジ」他、多数掲載



(勝野様)
あれから、耳鳴りはとりあえず一切しなくなりました。体調も風邪をひきながらも除々に戻って来てます。(以下省略) S様


S様と一緒に

(U・D様)
先生のメールをおさらいしてみて今日は仕事中に喉から胸にかけて焼ける様なムカムカ症状と心臓辺りがチクチクするのが出ましたが、頭の重みがすっごく軽く 感じたのは半年ぶりです。 M様


M様と一緒に

(田中様)
メールを読ませていただき、生活環境からくるストレスに起因する問題が大きいと合点致しました。この耳鳴りが始まったのは今月からです。週末も仕事に追われ、家に帰っても納期対応策が頭から離れず、家内からは寝言で営業しているとも言われるほどで す。
環境を少しでも変えるべく努力をし、回復に努める一歩とします。ありがとうございました。 S様


S様と一緒に

(M・K様)
こんにちは。今日は1ヶ月間続いた耳鳴りが治った喜びと感謝の思いを伝えたくてお便りしまし た。(中略)
これもひとえに山下先生と出会えたお陰であると心から感謝の思いでいっぱいです。本当にありがとうございました。
これからも先生に教えていただいた。気付きの部分に気を付けながらこの状態が続くよう努力していきたいと思います。 N様


N様と一緒に


【耳鳴り専門家】

院長:山下 剛

耳鳴り一筋17年の実績をもとに、耳の閉塞感や聴覚過敏に至るまで、耳のトラブル解決のサポートをおこなっています。これからも心と体に寄り添う施術を心がけて参ります。


大阪の耳鳴り専門名古屋の耳鳴り専門

アステル心身調律院

営業、及び電話受付時間
午前10時〜午後6時まで
(日祝定休)

06-6304-0186

上記は予約受付専用です。

ご相談お問合せはメールから
seitai@k3.dion.ne.jp




〒532-0023
大阪市淀川区十三東
1丁目 18-28-2F
TEL 06-6304-0186


耳鳴りの原因と治療











耳の閉塞感・耳鳴り解消法
無料レポートプレゼント

今すぐクリック