昔の言葉から

耳鳴り・耳の閉塞感・聴覚過敏を専門に対応している大阪の整体院

院長の気づきBlog



 昔の言葉から

耳鳴り治療 耳鳴りの原因と治療

山下です。

あることがあって、自分の過去をふり返る機会をもちました。

でも、

別に自分史をここで公開させてもらうわけではありません(苦笑


過去といえば、、、

いったい昔の人はどんな感覚をもっていたのだろう

と思ったのです。



体のことに関して

残っている言葉をいろいろ思い浮かべてみました。

ただし、本やネットで調べたりしないで、です。


それでもここに書ききれないくらいのフレーズが
記憶に残っていました。


・借金で首が回らない
・肩を怒らせる
・断腸の思い
・腰が抜ける
・膝が笑う
・背中で泣く、
・胸が騒ぐ
・胸が熱くなる
・胸がつまる
・胸が張り裂ける
・目が怒る
・木で鼻をくくったよう
・腹がたつ
・はらわたが煮えくり返る
・片腹痛い、


・・・いやもうでるわ出るわ。

ランダムに書き出しただけなのですが、

意外と体と感情がつながっている言葉が多いですよね。


感情を表現するために、

目に見える肉体を利用しただけなのか。


いや、それだけとは思えないです。



あまりにも感情と肉体感覚がフィットしすぎてません?


断腸の思い、なんてすごすぎです。
リアルすぎます。


さらに、

胸関係は、なんと

「ハート」に関連ありそうなフレーズが並びます。


これ、本当に思いつくままに書き出しただけなんです。



細分化する現代の科学知識がないぶん、

もっとイマジネーションが発達していたのか。


それとも、体の声に素直に耳を傾けたら、

今の私たちにも同じような感覚が生で実感できるのか。



みなさんも一度、

腹がたったら、うれしかったら、悲しかったら、

それに体のどこかが連動するか、

体のどこになにかを感じるか試してみませんか?



さて、現代人の感覚やいかに?



 耳鳴り専門の治療をご希望の方はこちら

 自宅で耳鳴り克服を目指すならコチラ

耳鳴り専門療法が受けられる
完全予約制


上記は予約受付の専用番号です。
ご相談お問合せはメールでお願いします
Eメール→ seitai@k3.dion.ne.jp

電話受付可能時間
午前10時〜午後6時まで
(日祝定休)



アステル心身調律院
代表者:山下 剛
大阪市淀川区十三東1-18-28-201


大きな地図で見る

コンテンツメニュー
 トップページ
 耳鳴りの原因と治療
 院長って、どんな人?
 料金・アクセス(地図)
 よくある質問(Q&A)
 ご相談・お問い合わせ
 ※お気軽にメールをご利用下さい。

気づきのプログ

 

HOME耳鳴りの原因と治療院長って、どんな人?料金・アクセス(地図)よくある質問(Q&A)院長ブログご相談・お問い合わせ
Copyright© 2018. All rights reserved.耳鳴り専門治療