本文へスキップ

自己免疫に思う

完全予約制06-6101-3955

大阪市淀川区十三東1-18-28-2F



耳鳴り・耳の閉塞感・聴覚過敏を専門大阪の整体院


 自己免疫に思う

耳鳴り治療 耳鳴りの原因と治療

山下です。

自己免疫ってご存知ですよね。


体をいろんなことから守ってくれているありがたいシステムです。

体調不良やストレスから自己免疫力が落ちて、風邪をひいたりする
こともあるようです。

そこで言葉遊びから自己免疫について考えてみました
(エイズなどは除外してください)



どういうときに自己免疫が落ちるのか?



自己免疫とは、体を守るシステムです。

そうであるならば自分の体を守る必要を感じなくなったら、
システムはどうなるでしょう。


システムの防御力は落ちる気がしませんか?

守らなくていいなら、頑張って守ろうともしないでしょう。


たとえば、自分をイジメるような考えに支配されているとき。

「自分なんてどうせダメだ」
「いつもうまくいかない」
「誰も自分を評価してくれない」
「自分には価値がない」・・・


価値のない自分なら「守らなくてもいいんじゃないか?」
という風に自己免疫が判断したら・・・?


では他人をイジメルような考えのときはどうでしょう?


「私はあいつには腹がたつ」
「私はあいつだけは絶対に許せない」
「私にとってはあいつさえいなければうまくいくのに」・・・


別に自己免疫には影響はないようです。


ただ問題は。。。

たとえ話によくでてきますが、、

「梅干を思い浮かべないでください」とか

「赤いリンゴを思い浮かべないでください」では

必ず「思い浮かべてしまう」という事実。


必ずしも「文章」どおりに頭に反映されていないのです。

インパクトのある部分がインプットされていく。


もし、他人をイジメる考えのときに「私・・・腹が立つ」
「私・・・許せない」「私・・・いなければうまういく」という風に
自己免疫が受け取ってしまったら?


これはこじつけにすぎるでしょうか?ではこう考えて見ましょう。


なぜ腹がたち、なぜ許せず、なぜあいつが消えてほしいのか。


「あいつが自分を傷つけることができる、自分はあいつよりも卑小な存在」

という考え方が、自分を支配している可能性もなきにしもあらずだと思うのです。


「天上天下唯我独尊」のスタンスにたてば、
誰も自分を傷つけることはできなくなるのですが・・・。


自分のほうがはるかに上だ、と余裕のあるときは笑って許せることでも、
そうじゃないときは許せなくなったりします。

余裕があればこっちが悪くなくても謝ったりできるくらいです。


つまり自分が他人に対してイジメる感覚を覚えるときは、

自分を小さく感じている、過小評価している、要は自分をイジメる
ことと同じときがあると思うのです。



イライラやストレスで自己免疫力が低下するというのは、それだけ
「自分で自分の尊さ」を低く見積もっている、ということがあるのかも
しれません。


自分はこの世にたったひとりしかいない、絶対に侵すことのできない
尊い存在なのだ、というとき、自己免疫はその力を最大限に発揮して
活躍するかもしれませんね。



これは気づきのメルマガであり、ひとりひとりの感覚を大事にして
いただきたいと思います。

ここに書かれてあることが正解か間違いか、ではなく「これは間違いだ」
と思われるのならその感覚を大事にしていただければと思うのです。

それが個人にとってのひとつの気づきなわけですから。


ただし、「これが正しいのだ」と思うことがあっても、
それはあなた個人の気づきであり、他人に押し付けるものではない
こともご理解ください。

「この意見が正しい。病気になってるやつは自分を卑下しているのだ
君はもっと自分に自信をもちなさい」などと押し付ける必要はこれっぽっ
ちもないのです。

なぜなら、病気の人はあなたよりももっと深い気づきのチャンスを
与えられているのかも知れないのですから。



 耳鳴り専門の治療をご希望の方はこちら

 自宅で耳鳴り克服を目指すならコチラ




耳鳴りやすらぐ改善講座
耳鳴りの原因
頭鳴り・脳鳴り
耳鳴りの薬の付き合い方
うつ病と耳鳴り
ステロイド治療の罠
突発性難聴
耳鳴り症状と音の種類
耳鳴り治療・治療法



【日本が元気です】

「日本が元気です」に掲載。取材に女優の大場久美子さんがご来院。

【主婦の友社】発行の「健康」


【マキノ出版】発行「安心」付録


【主婦の友社】別冊特集


月刊武州路/新潟バイタリティー

「味の手帳」「日々新聞」「すこやか」「夕刊フジ」他、多数掲載



(勝野様)
あれから、耳鳴りはとりあえず一切しなくなりました。体調も風邪をひきながらも除々に戻って来てます。(以下省略) S様


S様と一緒に

(U・D様)
先生のメールをおさらいしてみて今日は仕事中に喉から胸にかけて焼ける様なムカムカ症状と心臓辺りがチクチクするのが出ましたが、頭の重みがすっごく軽く 感じたのは半年ぶりです。 M様


M様と一緒に

(田中様)
メールを読ませていただき、生活環境からくるストレスに起因する問題が大きいと合点致しました。この耳鳴りが始まったのは今月からです。週末も仕事に追われ、家に帰っても納期対応策が頭から離れず、家内からは寝言で営業しているとも言われるほどで す。
環境を少しでも変えるべく努力をし、回復に努める一歩とします。ありがとうございました。 S様


S様と一緒に

(M・K様)
こんにちは。今日は1ヶ月間続いた耳鳴りが治った喜びと感謝の思いを伝えたくてお便りしまし た。(中略)
これもひとえに山下先生と出会えたお陰であると心から感謝の思いでいっぱいです。本当にありがとうございました。
これからも先生に教えていただいた。気付きの部分に気を付けながらこの状態が続くよう努力していきたいと思います。 N様


N様と一緒に


【耳鳴り専門家】

院長:山下 剛

耳鳴り一筋17年の実績をもとに、耳の閉塞感や聴覚過敏に至るまで、耳のトラブル解決のサポートをおこなっています。これからも心と体に寄り添う施術を心がけて参ります。


大阪の耳鳴り専門名古屋の耳鳴り専門

アステル心身調律院

営業、及び電話受付時間
午前10時〜午後6時まで
(日祝定休)

06-6304-0186

上記は予約受付専用です。

ご相談お問合せはメールから
seitai@k3.dion.ne.jp




〒532-0023
大阪市淀川区十三東
1丁目 18-28-2F
TEL 06-6304-0186


耳鳴りの原因と治療











耳の閉塞感・耳鳴り解消法
無料レポートプレゼント

今すぐクリック