ファントム・ペイン

耳鳴り・耳の閉塞感・聴覚過敏を専門に対応している大阪の整体院

院長の気づきBlog



 ファントム・ペイン

耳鳴り治療 耳鳴りの原因と治療

山下です。

ファントム・ペイン。幻肢痛、ともいいます。

事故や病気などで切断したあとの四肢が「痛い」。

すでに「無い」腕や足が痛い、という症状です。


単に腕をなくしたことを認めたくないなど、
精神の崩壊を招きたくない欲求からくる感覚だ、
というものでは説明がつかないらしいのです。

ギプスで腕を吊って、のちに切断することになった患者さんは、
腕がないにもかかわらず、
「吊った状態で無い腕が固定されている」
感覚に陥るというケースもあるようです。


しかも、痛い。無いはずの部分が痛い。


無い腕の痛みを治療できますか?

治療するには、

無い腕をもう一回無くしてあげるかしない気もします。



脳は成長するにつれ、衰えるだけだといわれています。

再生しない、とも。

(再生する、という研究も最近になって出始めました)



たとえそうだとしても、

「変化」はするんだろうと個人的に思っています。



この幻肢痛にしても、
事故や手術などから実に短期間で「出現」するらしい。

これを脳のなかで機能を司っている領域の「再配置」が
行われたからだと仮説をたてる学者先生がおられます。

なにかが「変化」するということではないでしょうか。


無い腕が「依然として存在する」、

しかもそこに「痛み」が感覚としてあらわれる。


感覚として幻肢が「動かせる」人の場合は、

感覚的にはなんでも「できる」そうです。



脳は不思議です。


実は、痛みや症状さえも

「固定」された絶対のものですらないのかもしれません。


脳は刺激を取り入れ、それを「合理的に解釈する」、

その結果、

「幻」を「在るもの」として認識することもある。



幻の腕に痛みを出せるのなら、

現存する腕の痛みをなくすこともできそう?

希望的観測ですが(苦笑)


脳からしたら、「絶対の」痛み・症状は

果たしてあるのでしょうか。


まだまだ脳はなぞだらけですね。



だからこそ、ご自身がいま抱えておられる症状に関しても、

一般常識だけに縛られず、

もっと広い視野で物事を捉えることで「良い変化」を起こす。


そんな可能性を引き寄せていきたいですね。



 耳鳴り専門の治療をご希望の方はこちら

 自宅で耳鳴り克服を目指すならコチラ

耳鳴り専門療法が受けられる
完全予約制


上記は予約受付の専用番号です。
ご相談お問合せはメールでお願いします
Eメール→ seitai@k3.dion.ne.jp

電話受付可能時間
午前10時〜午後6時まで
(日祝定休)



アステル心身調律院
代表者:山下 剛
大阪市淀川区十三東1-18-28-201


大きな地図で見る

コンテンツメニュー
 トップページ
 耳鳴りの原因と治療
 院長って、どんな人?
 料金・アクセス(地図)
 よくある質問(Q&A)
 ご相談・お問い合わせ
 ※お気軽にメールをご利用下さい。

気づきのプログ

 

HOME耳鳴りの原因と治療院長って、どんな人?料金・アクセス(地図)よくある質問(Q&A)院長ブログご相談・お問い合わせ
Copyright© 2018. All rights reserved.耳鳴り専門治療