本文へスキップ

赤ちゃんには与えない・・・でも

完全予約制06-6101-3955

大阪市淀川区十三東1-18-28-2F



耳鳴り・耳の閉塞感・聴覚過敏を専門大阪の整体院


 赤ちゃんには与えない・・・でも

耳鳴り治療 耳鳴りの原因と治療

山下です。

タバコは体に悪い、アルコールはどうだ、言いながら80歳を超えても
タバコをプカプカふかせながら、長寿を保っておられる方もおられます。


なにが体に悪いのか、というのは個人差もあって
決め付けにくいものがありますよね。



ところで、小さいお子さんがおられるご家庭や子育てを経験
されたことのある方は、何の抵抗もなく次のことをされてきたと
思うのです。

・妊娠中はタバコ、アルコールをやめる。
・妊娠中は、薬は(勝手には)飲まない。
・妊娠中はレントゲンには細心の注意をはらう。


赤ちゃんや幼児(二十歳になるまで)にはアルコールやタバコは吸わせない。
赤ちゃんに刺激のつよい味覚のものを与えない。100%ではないジュースを
与えない。


ほかにもありますが、いつの頃からか、その習慣はなくなります。


これは大人には体に良いこと、なわけではなく(苦笑)

ある程度なら、すぐには、影響は「現れない」ということでは
ないのでしょうか?


弱いとされる胎児、乳幼児には影響が大きすぎる。


ということは、、、大人にはタバコは体にいいのも、
ではないのはわかりますよね。



子どもの成長、発育をそこなう恐れがあります・・・。

「もう大人は成長も発育もしないからいいだろ(爆)」


大人は見た目、身長が伸びたりはしないかも、ですが、

新陳代謝は細胞の誕生(赤ちゃん)みたいなものだと思うのですが・・・



美容関係のコマーシャルで「赤ちゃんのようなプルプルお肌」
とか言いますが、もうそんな(食)生活してませんもの(苦笑)


自分が赤ちゃんになら絶対に含ませない食べ物。

いっぱい食べてる私です(汗)



 耳鳴り専門の治療をご希望の方はこちら

 自宅で耳鳴り克服を目指すならコチラ




耳鳴りやすらぐ改善講座
耳鳴りの原因
頭鳴り・脳鳴り
耳鳴りの薬の付き合い方
うつ病と耳鳴り
ステロイド治療の罠
突発性難聴
耳鳴り症状と音の種類
耳鳴り治療・治療法



【日本が元気です】

「日本が元気です」に掲載。取材に女優の大場久美子さんがご来院。

【主婦の友社】発行の「健康」


【マキノ出版】発行「安心」付録


【主婦の友社】別冊特集


月刊武州路/新潟バイタリティー

「味の手帳」「日々新聞」「すこやか」「夕刊フジ」他、多数掲載



(勝野様)
あれから、耳鳴りはとりあえず一切しなくなりました。体調も風邪をひきながらも除々に戻って来てます。(以下省略) S様


S様と一緒に

(U・D様)
先生のメールをおさらいしてみて今日は仕事中に喉から胸にかけて焼ける様なムカムカ症状と心臓辺りがチクチクするのが出ましたが、頭の重みがすっごく軽く 感じたのは半年ぶりです。 M様


M様と一緒に

(田中様)
メールを読ませていただき、生活環境からくるストレスに起因する問題が大きいと合点致しました。この耳鳴りが始まったのは今月からです。週末も仕事に追われ、家に帰っても納期対応策が頭から離れず、家内からは寝言で営業しているとも言われるほどで す。
環境を少しでも変えるべく努力をし、回復に努める一歩とします。ありがとうございました。 S様


S様と一緒に

(M・K様)
こんにちは。今日は1ヶ月間続いた耳鳴りが治った喜びと感謝の思いを伝えたくてお便りしまし た。(中略)
これもひとえに山下先生と出会えたお陰であると心から感謝の思いでいっぱいです。本当にありがとうございました。
これからも先生に教えていただいた。気付きの部分に気を付けながらこの状態が続くよう努力していきたいと思います。 N様


N様と一緒に


【耳鳴り専門家】

院長:山下 剛

耳鳴り一筋17年の実績をもとに、耳の閉塞感や聴覚過敏に至るまで、耳のトラブル解決のサポートをおこなっています。これからも心と体に寄り添う施術を心がけて参ります。


大阪の耳鳴り専門名古屋の耳鳴り専門

アステル心身調律院

営業、及び電話受付時間
午前10時〜午後6時まで
(日祝定休)

06-6304-0186

上記は予約受付専用です。

ご相談お問合せはメールから
seitai@k3.dion.ne.jp




〒532-0023
大阪市淀川区十三東
1丁目 18-28-2F
TEL 06-6304-0186


耳鳴りの原因と治療











耳の閉塞感・耳鳴り解消法
無料レポートプレゼント

今すぐクリック